• 情熱市場
  • 山形新聞

ゲツキンラジオぱんぱかぱ~ん

ご当地グルメそれいただき!

ビール🍻が進んじゃうカモ🦆プレミアムなジャーキー

毎月こだわりのご当地グルメをご紹介する「ご当地グルメ・それいただき」

今月は、送別会・歓迎会をもりあげてくれる…カモ!というグルメです。

その名も・・・・

「プレミアム庄内鴨ジャーキー」(鶴岡市・㈲三井農場)

なんとカモ🦆のササミを丸ごと使った珍しいおつまみです✨✨

鴨のイラストがかわいいオリジナルラベルも目をひきます。おみやげにもいいカモ。

カモのジャーキーを食べるのは初めて、という陣内さん・・・

一口食べてびっくり😲😲😲

「うまみが強い!噛めば噛むほどおいしさがひろがる!」

それもそのはず、ササミは特にうまみが濃い部位なんです。

水分を飛ばしジャーキーにすることで、さらに肉のうまみが凝縮・・・

噛めば噛むほどに、口中に鴨の旨味と上品な脂の香りが広がります💕💕

1本がこの大きさ!食べ応えも抜群です

ロース(胸肉)以外の部位が食卓に上がる機会が少ないという鴨肉。

鴨肉の他の部位のおいしさも、もっと知ってほしい、という想いから

ササミ肉を使ったジャーキーが生まれました。


さらに鴨のササミ、実は1羽から2本しか取れない希少部位✨

じっくり味わってほしい「プレミアム」な味です。

「お酒に合う味」にこだわり、スパイスを効かせ、

パンチのある味に仕上げたというササミジャーキーは

庄内鴨のうまみ・脂の軽さ・上品さとマッチした絶妙な味わいが癖になる✨✨

生産者の浜村さんも、自家消費しすぎないよう気を付けているとか・・・(笑)

三井農場の浜村さんも、自家消費しすぎないよう気を付けているとか…(笑)

これは絶対ビールに合う、間違いない!

庄内鴨は、国内では比較的珍しいバルバリー種という、

脂がサラっとして鴨特有の癖が少ない品種。

そんなバルバリー種の魅力をさらに引きだすのが、三井農場独自の飼育方法です。

  • 親鳥の飼育・ひなの孵化から精肉加工・販売・直営店まで一貫生産
  • ストレスの少ない湯野浜地域の広大な敷地で(地鶏の4倍、ブロイラーの7倍!)
  • 安全性と肉質向上のためのオリジナルの配合飼料
  • 通常より長いおよそ90日間の飼育期間をとり、じっくりと育てる

「庄内鴨」独自の、赤身の厚みやうまみ、香りのよい上質な脂、癖のない味わいは

こだわりの飼育があってこそ!

一口かみしめるごとに、作り手の愛情や想いも感じられる逸品です。

「プレミアム庄内鴨ジャーキー」のお求めは

三井農場のオンラインショップ、または鶴岡市の直営焼き鳥店「ととこ」にて。

1袋およそ50グラムで、750円(税込)です。

メッセージ・リクエストはこちらから