YBC山形放送
テレビ ラジオ アナウンサー イベント・プレゼント イベント・プレゼント 県内ニュース 会社情報 山形新聞
テレビ情報
 
11月5日(日)放送分
  「やまがたの保育士さんを応援します!」

◎まいこのつぶやき◎

最近ニュースなどで、保育士不足という言葉を耳にすることってありますよね。山形県には、保育士を目指す学生を応援する修学資金があるんです。
卒業後5年間、県内で保育士として働くと、全額返済が免除されます。経済的な問題で夢が断たれてしまう人も数多くいる中で、こういったサポートはありがたいですよね。実際に利用している羽陽学園短期大学の学生さんたちも、親にあまり負担をかけずに済むからとても助かっていると話してくれました。

また、保育士になるという夢を実際に叶えた新人保育士さんにも今回取材してきました。
まだまだわからないこともたくさんあるけれど、先輩の保育士さんがいつも気にかけて助けてくれるから毎日楽しいんですと笑顔で話してくれました。
園長先生も、働きやすい環境づくりにはすごく気を配っているそうです。
子供を預かってくれる場所があると、子育て中のお母さんも色々なことにチャレンジできますよね。


◎県からの情報発信◎

 今回のテーマは「保育士の確保」。全国的にも課題となっていますが、県でも保育士不足の解決に向けて様々な取組みを進めています。保育士さんってとっても魅力あるお仕事なんですよ(*^^*)

今回取材した、保育士や幼稚園教諭を養成する羽陽学園短期大学では、皆さん何やら作業中…。グループに分かれて遠足の企画作成を行っていました。保育士になったらおたよりや展示物など子どもたちが喜ぶような制作物をたくさんつくらないといけません。その予行演習を大学で学ぶことができるんですね。皆さん写真を切り貼りしたり、イラストを描いたり、一生懸命作業されていました。保育士目指してがんばってください!

また、保育の現場では、新人保育士さんが奮闘中!「子どもの笑顔を見ると疲れが吹っ飛ぶ」「子どもと一緒に成長できる貴重なお仕事」と保育の仕事に誇りとやりがいを持って働いていました。園長先生や先輩保育士のサポートも手厚く、一人ひとりがいきいきと仕事をされていました。優しく強い保育士の皆さんに、子どももその親も支えられているんだと改めて実感しました。

 県では、保育士を目指す方、キャリアアップを目指す方、復職したい方、皆さんを、資金面や研修などでサポートしています!
 詳しくは県子育て支援課023-630-2392まで。





[まいこ’s取材日記 過去記事一覧へ]

[サンデー5 トップページへ]

テレビ情報 週間番組表 みもの案内 TVエリアマップ YBCテレビ視聴率トップ10