YBC山形放送
テレビ ラジオ アナウンサー イベント・プレゼント イベント・プレゼント 県内ニュース 会社情報 山形新聞

24時間テレビ 環境保護活動支援事業
第15回飛島クリーンアップ作戦
(2015.5.30)

豊かな自然に恵まれ絶好の観光スポットとなっている山形県唯一の離島「飛島」。一方、離島であることで漂着ごみも流れ着きやすく、その処理も難しくなっている。この課題を解決しようと始まった飛島クリーンアップ作戦も回を重ね、今年が第15回目。5月30日(土)に24時間テレビチャリティ委員会などの協賛・協力のもと、官民産学の多様な協働で清掃活動が行われた。
今年の清掃箇所は、荒崎海岸。スカシユリとトビシマカンゾウが一面に広がる、『日本の渚百選』にも選ばれ多くの人が訪れる場所である。荒崎海岸での実施は第12回以来となる。
島の中央を走る農免道路から遊歩道に入り、荒崎海岸に下っていくと、それまでの美しい原風景には不似合いな漂着ごみが帯をなしている。
庄内地域はもとより、県内内陸部、飛島と交流がある新潟県粟島、遠くは東京都から篤い志をもって集まった参加者200名が、島民40名とともに、早速、作業にとりかかった。参加者の思いは一つ、熱意に火が点く。

荒崎海岸は遠浅で船をつけるのが難しいため、回収したごみは車が入るところまで、バケツリレーで搬送した。2ヶ所の中継地点を設けた、3回のリレーはその距離280メートル。集めたごみはトンパック24袋、推定で約3.8トンとなった。
清掃終了後、参加者は漁協女性部の皆さんが準備してくれた、アラメの煮物、イカ焼き、ギバサの味噌汁といった飛島の料理に舌鼓を打った。
5月最後の土曜日。今年もまた、飛島からさわやかな風が吹いた。
早朝、実行委員会から挨拶と活動案内 広い荒崎海岸 ごみ回収作業
膨大な魚網等回収 ヴイやドラム缶等に苦笑い
   
集めたごみ袋の山と、それをバケツリレーで積み込みできる軽トラックまで延々と人海戦術!
作業風景動画
第15回飛島クリーンアップ作戦動画 [A] 36秒 (2015.5.30)
第15回飛島クリーンアップ作戦動画 [B] 17秒 (2015.5.30)
第15回飛島クリーンアップ作戦動画 [C] 28秒 (2015.5.30)
主催 ・ 協力
主催: 第15回飛島クリーンアップ作戦実行委員会
実行委員会構成団体 NPO法人庄内海浜美化ボランティア
  NPO法人パートナーシップオフィス
  NPO法人美しい庄内
  一般社団法人山形県産業廃棄物協会
  藻場再生研究クラブ
  東北公益文科大学
  飛島コミュニティ振興会
  海上保安庁酒田海上保安部
  とびしま漁村文化研究会
  合同会社とびしま
  山形県庄内総合支庁
  酒田市
協力: 山形放送株式会社
  公益社団法人 24時間テレビチャリティー委員会
協賛: 公益社団法人 東北海事広報協会
  株式会社みなと
24時間テレビトップへ戻る
 
 
ぷにゅん屋さん ぷにゅんシアター 試写会・プレゼント おすすめイベント イベント情報