YBC山形放送
テレビ ラジオ アナウンサー イベント・プレゼント イベント・プレゼント 県内ニュース やまがた情熱市場 会社情報
ラジオ情報
佐伯敏光のご当地グルメ それいただき!

2020年3月4日水曜 15時40分頃放送

今回ご紹介するのは、酒田市魚屋さん「新栄水産」の、
一風変わったポップコーン=Aその名も
「汐風ポップコーン」!

庄内浜でとれた魚をパウダーにしてまぶしているという。味は三種類。
庄内ではラーメンの出汁にも使われる「トビウオ」。
刺身に良し、出汁に良しの「紅エビ」。
そしてイチオシという魚「カナガシラ」。
先の2つに比べ耳馴染みのない名前のようだが、これが絶品!

食べた山本アナは「ほのかに魚の味が香り、とても上品!」

「金頭」と書いてカナガシラ。頭の骨が固く調理が大変な魚だ。
けれどとても美味しい出汁の出る魚で、昔は殿様が食べていたという。
自社で出汁をとるための「焼干し」として販売していた「カナガシラ」を、
贅沢にもそのままパウダーにしている。魚本来の風味を感じることが
出来るポップコーンだ。

もちろん「トビウオ」も「紅エビ」も美味しい。

同じく焼干しをパウダーにしたトピウオのポップコーンも、
カナガシラとは違った魚の味が香る!
紅エビはおつまみにと加工した「干しエビ」をパウダーに。
エビの風味、甲殻類の香ばしさがポップコーンに合う!

こだわりは「ポップコーン」にも。
この魚のパウダーを使ったポップコーンを作ってくれる会社を探したところ、
中々見つからない・・・。探しに探し、全国に一つだけ見つかったのはなんと
九州の宮崎県。最高の商品を作るため、手間と時間は惜しまない。
この商品にかける情熱を感じる。

「魚料理はハードルが?い」などの理由から、魚の消費量が落ち込んでいるという。
手軽に食べられる形に!という思いから開発されたのがこの商品。
もともと直営店で子供たち向けに魚をさばくイベントを開くなど、
食育にも力をいれている「新栄水産」。その流れがあるからこそ生まれたのが、
「汐風ポップコーン」だ。
今後は、他の魚の味付けや、庄内平野のお米とのコラボレーションも計画中だそう。
次の展開にも注目だ。

新栄水産の「汐風ポップコーン」は一袋600円
「酒田夢の倶楽」、ホテルリッチ&ガーデン酒田、インターネット通販でお買い求めいただる。

新栄水産HPはコチラ⇒ https://www.shinei-suisan.com/






 
アサヒスーパードライ
Copyright since 1997 Yamagata Broadcasting Co.,Ltd.