一覧へ戻る

『高齢者の交通事故防止推進強化月間』 2014.11.23
『潟zンダカーズ山形 代表取締役社長 中野 勉 さん』にお伺いします
『高齢者の交通事故防止推進強化月間』が、11月30日まで展開されていますが、運動の重点目的を教えて頂
けますか?

現在展開中の『高齢者の交通事故防止推進強化月間』の重点目標として、私達が行いたい具体的な行動をご
紹介します。

まず、高齢の方にお願いしたいのが、道路を横断する時に、手や旗で合図して「横断しますよ!という、意
思表示」をはっきり行って欲しいと思います。
そして、合図だけではなく、道路を横断する時は「いつでも・どこでも安全確認」を忘れずにお願いしま
す。これは、自転車を利用する場合も同じです。自転車の時は、自転車を降りて交差点を横断して欲しいと
思います。

ドライバーの皆さんに行って欲しい事は、横断歩道の手前では減速して、横断歩行者に備える。横断者がい
る時は、一時停止をして、歩行者を必ず横断させて下さい。
また、子供や高齢者を見かけたら、行動に注意して下さい。横断歩道以外の場所で  横断しようとしてる
時もあるので、その時は止まって渡らせるようにお願いします。
『山形ダイハツ販売梶@総務部次長 萩原隆博さん』に伺います
萩原さん、残念ながら、高齢者の方の交通事故が増えていますね!

そうですね!
高齢者の方が道路を横断する時に、意外と事故にあう事が多いので、道路を横断するときは、必ず横断歩道
を渡るようにお願いしたいですね!
そして、道路を横断する時は、手や旗で合図して「横断しますよ!という、意思表示」をはっきり行って欲
しいと思います。

高齢者の方は出来るだけ暗くなってからの外出は控えて欲しいのですが、どうしても、出かけなければなら
ない時は、白など明るい目立つ色の服を着る。
また、ピカピカ光る夜光反射材を服や靴に貼って、自分を自分で守るようにお願いします

車を運転する時に気をつけて欲しい事は、横断歩道の手前で減速をして、横断歩行者に備える事です。
そして、横断者がいる時は、必ず一時停止をして、歩行者を横断させて下さい。
また、子供や高齢者を見かけた時も注意が必要です。横断歩道以外の場所で横断する場合もあるので、その
時も止まって渡らせるようにお願いします。
No.99
ラジオ情報 リクエストBOX タイムテーブル エリアマップ