一覧へ戻る

春の交通安全県民運動 2014.4.6
株式会社スズキ自販山形 天童営業所 係長 鈴木 薫さんに伺います!
『春の交通安全県民運動』の運動の基本は、「子供と高齢者の交通事故防止」です。
春先は、交通ルールに不慣れな新入学・新入園の子供達や新社会人、
また、暖かくなり、自転車の利用も増えてくるので、交通事故が多く起きやすい時期です。
さらに、高齢者の交通事故も残念ながら増えているので、
「子供と高齢者の交通事故防止」を運動の基本としています。 
『春の交通安全県民運動』の重点事項を教えていただけますか?
『春の交通安全県民運動』は、「子供と高齢者の交通事故防止」を運動の基本として次の4つの事を特に重点目標と
して取り組んでいます。

 1つ目が、「道路横断時・交差点における交通事故防止」です
 横断歩道などで、道路を渡ろうとしている歩行者がいたら必ず車を止めて
 歩行者優先で渡らせて下さい。

 2つ目が、「飲酒運転の根絶」
 家庭や職場から犯罪者を出さないためにも、
 飲酒運転をしない!させない!許さない!を徹底して、飲酒運転を無くしましょう!

 3つ目が、「全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」です。
 後ろの席も必ずシートベルト、ちょっとそこまででも必ずチャイルドシートや
 ジュニアシートを正しく確実に着用して、子供の身体と命を守りましょう!

 そして、4つ目が「自転車の安全利用の推進」

この4項目が、『春の交通安全県民運動』の重点項目です
No.85
ラジオ情報 リクエストBOX タイムテーブル エリアマップ