一覧へ戻る

『春の交通安全県民運動』 2013.4.14
『山形日産自動車株式会社 日産店舗支援部課長 松沢秀司』さんに伺います!
『春の交通安全県民運動』は、4月6日金曜日からスタート、
15日まで10日間、「子供と高齢者の交通事故防止」を運動の基本に展開されてきましたが、松沢さん、改めて、
『春の交通安全県民運動』の重点事項を教えていただけますか?

はい。『春の交通安全県民運動』は、「子供と高齢者の交通事故防止」を運動の基本として
次の4つの事を特に重点目標として取り組んできました。

1つ目が、「自転車の安全利用」です。
自転車も交通ルールをしっかり守る!原則、車道の左側を通行する。
携帯電話で通話やメール、画面を見ながらの自転車運転
ヘッドホンやイヤホンをしながら、周りの音が聞こえない状態での自転車の運転
全ての道路での、傘をさしながらの自転車運転、他にも、二人乗り、
無灯火運転なども禁止されています。
自転車を利用する時も交通ルールをしっかり守った利用をお願いしています。

2つ目が、全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用
山形県は、チャイルドシート着用率ワースト1を記録した程、
チャイルドシートについての意識が低い、少し大げさに言うと
山形県内の子供達は、車に乗りながら危険にさらされている!と言えると思います。

そして、3つ目は、飲酒運転の根絶
歓迎会、花見などお酒を飲む機会が多い時期ですが
飲酒運転は絶対にしないようにお願いします。


4つ目が、道路横断時・交差点における交通事故防止です。
交差点では、歩行者最優先!歩行者も いつでもどこでも安全確認」
一人一人が気をつけて交通事故を無くすようにしたいですね!
松沢さんが日頃気をつけている交通安全のポイントは何でしょうか?
細い道や横断歩道附近ではスピードを抑えています。
さらに、「だろう運転」を心がけ、交通事故を防ぐようにしています。

そして、山形のドライバーの方は、ウインカーを出すタイミングが遅い、
次のアクションを知らせるのが遅いと思うので、
お互い気をつけて運転したいと思います。
No.57
ラジオ情報 リクエストBOX タイムテーブル エリアマップ