一覧へ戻る

『飲酒運転撲滅強化旬』 2017.6.4
『山形トヨタ自動車梶@総務経理部係長 小関 健夫』さんに教えていただきます
昨年の県内における飲酒運転の検挙件数は219件と、前年より80件少なくなっていますが、飲酒運転による
交通事故は36件と、前の年より7件増えています。残念ながら、悪質・危険な飲酒運転が後を絶たない状況で
す。    

そのため、『飲酒運転撲滅強化旬間』で、飲酒運転撲滅の広報啓発を強化することによって、広く県民に
「飲酒運転をしない、させない、 許さない」の意識の高揚を図るとともに、飲酒運転撲滅の徹底を図ること
を目的としています。
『山形スバル梶@荒楯店サービス課の高橋 均』さんに伺います
お酒を飲む時は、車を使わないのが一番ですが、お酒を飲んだ時は、バスや電車、タクシーなどで帰る。ま
たは、代行車を使うように必ずお願いします。そして、仲間で飲む時などは、帰りの運転手:ハンドルキー
パーを決める。ハンドルキーパーの方は、絶対にお酒を飲まない!という方法もおすすめですお店の方も、
お客さんが帰る時は、タクシーや代行車を呼んだりして、お客さんが安全に帰れるように気配り、目配りし
て頂けると助かりますね!

飲酒運転は犯罪です。
飲酒運転は、危険な行為であるばかりでなく、
事故の相手とその家族、自分や自分の家族にも悲惨な結果をもたらします。

飲酒運転は絶対に「しない、させない、許さない」を徹底し、
みんなで飲酒運転をなくしましょう。
No.142
ラジオ情報 リクエストBOX タイムテーブル エリアマップ