一覧へ戻る

『春の交通安全県民運動』  2017.409
『山形三菱自動車販売梶@総務部経理課課長 高野 正幸』さんに教えて頂きます
『春の交通安全県民運動』は、4月6日からスタート、4月15日まで10日間行われています。

運動の重点事項の一つ目は、「子供と高齢者の交通事故防止」です。次の世代を担う大切な子供たちの命
を、私たちが交通事故から守る!そして、交通事故による死亡者数の約半数を占める高齢者の交通事故を減
らし交通事故死ゼロを目指しましょう!
二つ目が「運転者の基本ルール遵守(じゅんしゅ)の徹底」です。例えば、横断歩道に歩行者がいたら必ず
止まる!一時停止でも必ず止まり、しっかり安全確認をする!そして、すべての席でシートベルトを正しく
着用!ぼんやり運転をしない!危険を回避出来るように十分な車間距離を取る!などです。ドライバーの皆
さん、運転のルールは必ず守りましょう! 
三つ目は、「歩行中・自転車乗用中の交通事故防止」です。歩行者の方は、道路を横断するときに特に注意
して、横断前はもちろん、横断中も左右の安全を確認してください!また、暗くなってから外出するとは、
夜行反射材を必ず着用して、自分を自分で守るようにお願いします。そして、通勤・通学で自転車を利用す
る皆さんは、自転車安全利用五則の周知徹底をお願いします!
4つ目は、「飲酒運転の根絶」です。家庭や職場から犯罪者を出さないためにも、飲酒運転をしない!させ
ない!許さない!を徹底して、飲酒運転を無くしましょう!
5つ目が、「後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」です
No.140
ラジオ情報 リクエストBOX タイムテーブル エリアマップ