一覧へ戻る

『高齢者の交通事故防止推進強化月間-2』 2016.10.23
『日産プリンス山形販売梶@管理本部総務グループ課長  笹原 啓さん』に伺います
『夜光反射材』の大切さを教えて頂けますか?

夕方から夜間にかけて、車を運転している人からは歩行者が見えにくく、発見が遅れ、ブレーキ操作の遅れ
によって、交通事故につながりやすくなります。
高齢者の横断歩行中の死亡事故も多く発生しています。
反射材を付けることにより、自分が気をつけるだけでなく車のドライバーから早く見つけてもらうことがで
きますので、交通事故の防止につながります。交通事故が、1件でもなくなるように外出するときは家族全
員で反射材を付けましょう。
『山形いすゞ自動車梶@総務課課長  梅津 裕一さん』に伺います
現在展開中の『高齢者の交通事故防止推進強化月間』の重点目標は、
夕暮れ時の交通事故防止です。

夕暮れ時の交通事故を防止するために、車のドライバーは、早めにヘッドライトを点灯し、ハイビームにこ
まめに切り替えて積極的に活用する。また、夕暮れ時は車の速度を落とし、歩行者がいたら必ず停止するよ
うにしましょう!そして、歩行者が道路を横断する時は、「横断前と横断中の2度の安全確認を徹底す
る」、夕暮れ時から外出する際は、目立つ色の明るい色の衣服と夜行反射材の着用をお願いします。
No.135
ラジオ情報 リクエストBOX タイムテーブル エリアマップ