一覧へ戻る

『秋の交通安全県民運動:1』 2016.9.18
『潟zンダカーズ山形 代表取締役社長  中野 勉さん』に伺います
『秋の交通安全県民運動』で、皆さんに必ず守って欲しい事、注意して欲しい事は、5つあります。

一つ目は、子供と高齢者の交通事故防止
二つ目が、夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車に乗っている時の交通事故防止。特に、反射材などの着用推進
と自転車のヘッドライト点灯の徹底です。
三つ目は、後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底。
四つ目は、飲酒運転の根絶
そして、五つ目が、道路横断時、交差点における交通事故防止。歩行者を守る意識の徹底です。

この五つの項目が、『秋の交通安全県民運動』の重点項目です。
『山形トヨタ自動車梶@総務経理部係長の小関 健夫さん』に教えていただきます
歩行者の方は、明るい服装と夜光反射材を活用して、車から見つけられやすいようにお願いします。自転車
の方は、夜光反射材に加えてヘッドライトの点灯を必ずお願いします。
そして、ドライバーにお願いしたいのが、薄暗くなる前からの早めのヘッドライトの点灯とスピードダウ
ン、ハイビームを正しく上手に利用して歩行者などを早目に発見して交通事故防止をお願いします。
その他にも、飲酒運転を絶対にしない!させない!ゆるさない!の声がけをして、家庭・職場・地域から飲
酒運転を出さないようにお願いします。
No.132
ラジオ情報 リクエストBOX タイムテーブル エリアマップ