一覧へ戻る

『夏の安全県民運動:4』 2016.8.14
『山形日産自動車販売梶@ 店舗支援営業部課長補佐  阿部 広樹』さんに伺います
夏休み期間中は、子供達も外で遊ぶ事が多く、道路で遊んだり、自転車の二人乗りをしたり、夕暮れになっ
ても電灯を付けないで走ったりと、交通ルールが守られない事が時々あります。このような事を見かけた
ら、地域の人々が声をかけ合って注意する。そして、子供達を交通事故から守るようにして欲しいですね!
また、夕方や暗くなってから、高齢者の方が外を歩いて交通事故にあうケースがとても多いですね!時間帯
として多いのは、午後6時から9時、そして、午前3時から6時の間がとても多いです。高齢者の方には、
暗くなってからは出かけないように地域みんなで気をつけたり、声をかけ合う。どうしても出かける場合
は、目立つ服装にピカピカ光る反射材を必ず身に付けるように家族の方も気をつけて欲しいと思います。
『山形日産自動車販売梶@ 茅原店店長 倉信 俊克』さんに伺います
何時も言われている事ですが、まずは、まっすぐ前を向いて運転する。暑さや疲れなどで、ぼんやり運転に
ならないように、体調管理も心がける。急ぎ・焦りは事故につながるので、時間と気持ちに余裕を持って、
安全確認をしっかり行いながら運転をお願いします。
また、子供も楽しみにしていた夏休みなので、つい楽しくて、遊びに夢中になって、
思わず道路に飛び出してしまう子供もいるかもしれません。
住宅地や公園など子供がいそうな場所を走行するときは、スピードダウン!
いつでも止まれるようにお願いします。
No.131
ラジオ情報 リクエストBOX タイムテーブル エリアマップ