一覧へ戻る

『明るいやまがた:夏の安全県民運動-1』 2016.7.24
 『山形ヤナセ梶@総務部部長 石山 祐介』さんに伺います
『明るいやまがた:夏の安全県民運動』は、7月19日火曜日から8月18日木曜日までの31日間行われます。
そして、運動の重点項目の一つが、「子どもと高齢者の交通事故防止と飲酒運転の撲滅」です。
ドライバーの皆さんは、まっすぐ前を向いて運転する。暑さや疲れなどで、ぼんやり運転にならないよう
に、体調管理も心がける。急ぎ・焦りは事故につながるので、時間と気持ちに余裕を持って、安全確認をし
っかり行いながらの運転をお願いします。
また、子供も楽しみにしていた夏休みなので、つい楽しくて、遊びに夢中になって、思わず道路に飛び出し
てしまう子供もいるかもしれません。住宅地や公園など子供がいそうな場所を走行するときは、スピードダ
ウンを心がけましょう!
『トヨタカローラ山形株式会社 取締役総務部部長 奥山 孝俊』さんに伺います
高齢者の交通事故を防ぐポイントは、慣れた道だからといって安心しないで、必ず安全確認をする事。道路
を渡るときは、横断歩道を安全確認して渡る。暗くなったら出来るだけ出歩かない。出かけるときは、ピカ
ピカ光る夜行反射材を必ず着用するようにお願いします。

また、お酒が強いとか、お酒の量に関係なく、少しでもお酒を飲んで運転すれば、「飲酒運転」です。道路
交通法の規定でも、飲酒の量に関わらず、少しでもお酒を飲めば飲酒運転‥酒気帯び運転になります。

飲酒運転をしない!させない!許さない!の徹底!そして、家庭では、昨日のお酒が残っていないか?
二日酔いになっていないか?をチェックして、万が一の時は、家族の方が送る・バスや電車などで行くよう
にお願いお願いします!
No.128
ラジオ情報 リクエストBOX タイムテーブル エリアマップ