一覧へ戻る

『飲酒運転撲滅強化旬間:その1』 2016.5.29
『山形トヨペット鞄陽店 店長 金子 正浩』さんにお話を伺います。
6月1日から、『飲酒運転撲滅強化旬間』が展開されますが、その目的を教えて頂けますか?

『飲酒運転撲滅強化旬間』は、飲酒運転撲滅の広報啓発を強化することによって、広く県民に「飲酒運転を
しない、させない、 許さない」の意識の高揚を図るとともに、飲酒運転撲滅の徹底を図ることを目的として
います。

具体的な運動内容は、皆さんがお住みの地区や市町村などで、飲酒運転撲滅推進会議などを開催したり、強
化旬間推進計画に沿って実行する予定です。たとえば、チラシを配布したり、このようなラジオ放送、ま
た、お勤めの社内や店内での放送、街頭に立っての立哨指導、広報車などによる広報活動を行う予定です。
他にも、職場の朝礼などで「職場から飲酒運転を出さない」、『家族から飲酒運転を出さない』という呼び
かけを徹底して頂きます。
『日産プリンス山形販売滑ル町店 店長 遠藤 寿吉』さんに伺います。
飲酒運転を無くするには、お酒を飲む時は車で出かけない事が一番だと思いますが、どうしても、車を使っ
てお店まで行かなければならない、仕事が終わった後・・・と言う時は、どうしたらいいでしょうか?

お酒を飲む時は、車を使わないのが一番ですが、お酒を飲んだ時は、バスや電車、タクシーなどで帰る。ま
たは、代行車を使うように必ずお願いします。

仲間で飲む時などは、帰りの運転手:ハンドルキーパーを決める。そして、ハンドルキーパーの方は、絶対
にお酒を飲まない!という方法もおすすめです。

お店の方も、お客さんが帰る時は、タクシーや代行車を呼んだりして、お客さんが安全に帰れるように気配
り、目配りして頂けると助かりますね!
No.126
ラジオ情報 リクエストBOX タイムテーブル エリアマップ