YBC山形放送
テレビ ラジオ アナウンサー イベント・プレゼント イベント・プレゼント 県内ニュース 会社情報 山形新聞
 


8月のテーマ「暮らす人」
○8/13放送
【8月ゲスト】
So-tennenメンバー 井澤 絵梨さん
【プロフィール】
山形市生まれ。山、森が大好きで、普段はOLをしながらSo-tennenのメンバーとして体験学習やものづくりに携わり、自然に寄り添う暮らしづくりをサポートしている。林業女子会@山形の事務局としても活動。実家である称念寺にて、ヨガ教室や音楽イベント「お寺でこんにちは、こんばんは」を共催。たくさんの人が集まり楽しめる場を目指す。

メインパーソナリティー:奥山知寿子さん
8月キーマン     :庄司 樹さん
8月ゲスト      :井澤 絵梨さん

「まず声に出して言ってみて」

【奥山】井澤さんは、とてもおしとやかな雰囲気の方。山形市の出身で、山や森が大好き。普段はOLをしながら、So-tennenのメンバーとして体験学習、ものづくりに携わっている。

【庄司】―So-tennenはみんなで「あれやりたい、これやりたい」という活動の仕方。井澤さんからも色んなアイディアをもらっている。
【奥山】林業女子会やまがた(7月のゲスト稲田瑛乃さんが代表)の事務局としても活動。実家が称念寺というお寺で、お寺をヨガ教室や音楽イベントの場所として提供したりしている。
【井澤】―So-tennen活動をして2年。活動は楽しい。

【奥山】やろうと思ったきっかけは?
【井澤】―So-tennenメンバーになったことが大きく、人との出会いがきっかけで影響を受けた。「わたしのようなスキルの無い人間でも挑戦していいんだ」と思えた。そこから変わったと思う。

【奥山】林業女子会での活動は?
【井澤】―林業という普段なじみのない世界だが、普段はOLの私でも、山や森が好きだという理由だけでも、自然にふれあうイベントに参加していいのだと思った。

【奥山】お寺を場所として提供することについては?
【井澤】―もともとヨガ教室や音楽イベントができたらなとは思っていたが、「ここでやっていいのかな」「檀家さんが何て言うかな」という思いはあった(笑)ご近所さんに迷惑が・・・という不安があり言い出せなかった。So-tennenや女子会などで、人前に出ることや外に出ることが多くなったことで、気にしてばかりいたらできない。非難する人もいるかもしれないが、その反面「やりたい」っていう私の思いに共感してくれる人たちもきっといるかなと思った。「こういうことやってみたいいのだけど・・・」と周りにちょっとずつ言ってたら、周りから声をかけてもらえるようになって実現した。

【奥山】少しずつだけど井澤さんなりに一歩ずつ着実に進んできたのですね!
【庄司】―がってすね=気にしない私の姿を見て、そうなっていったのではないか。
「ここまで気にしないヤツがいるのだと思ったのではないか」

【奥山】人は人に影響を受けるのが大きいから、庄司さんとの出会いは大きかったのでしょうね。山形はチャレンジ・DIVEしやすい?
【井澤】―チャレンジしやすいと思う。「こんなわたしでもできているから、できないわけがない」と思う。私は生まれも育ちも山形。やりたいと言ったときに「いいね」って言ってくれる人、協力してくれる人が多いと思う。それは山形の良いところだと思う。

【奥山】これから一歩踏み出したい、チャレンジしたいなと思っている人にはどんな声をかける?
【井澤】―「とりあえず声に出して言ってみて」ずっと一人でどうしようかと悩んでいるだけでは何も変わらない。一人でできないことも、「これだったら協力できるよ」「こういうふうにしたら?」とアドバイスをくれる人もいる。

【庄司】―手伝う?と言ってもらえることや、協力してもらえるのは、井澤さんの人間性や魅力もあると思う。

【奥山】もし、モヤモヤしてなかなか踏み出せない人がいれば、井澤さんの「とりあえず声に出して言ってみて」を思い出して言葉に出してみるといいかも。

 



ぷにゅん屋さん ぷにゅんシアター 試写会・プレゼント おすすめイベント イベント情報