ウルイの黄身酢あん掛け

材料
作り方
ウルイ・約150g
生エビ・4本
たらの芽・2本
=調味料=
卵黄・2コ
酢・大さじ1と小さじ2.5
白だし・大さじ2と小さじ2
砂糖・小さじ2.5
塩・小さじ1/3
1.ウルイは上の青い葉を取り除いて根元を切り、ハカマを外しながら流水で洗い葉の方を輪ゴムで縛る。
2.沸騰した湯に塩少々でゆで冷水で冷やして水分を絞る。
3.水150cc、白だし大さじ2を混ぜ合わせ、絞ったウルイを漬け込む。
4.たらの芽も塩ボイルして冷水に取り、ウルイと一緒に漬け込む。
5.海老は背わたを取り沸騰した湯に塩を入れ塩ボイル、ざるに生上げして冷ます。
6.卵黄2コをボールに入れ酢大さじ1を入れ沸騰した湯にボールを浮かべ湯煎してホイッパーを使いとろみがつくまでかき混ぜる。
6.卵黄にとろみが付いてきたら湯から下して一度冷まし、酢小さじ2.5、白だし小さじ2砂糖小さじ2.5、塩小さじ1/3で味を付ける。
7.ウルイの青い葉を器に敷いて、絞ったウルイを食べやすい長さに切り盛り付ける。
8.手前にエビ、たらの芽を盛り付ける。
9.黄身酢を上から掛ける。

2月27日(火)放送 会田勝弘先生


一覧に戻る