里芋まんじゅう彩りあん掛け

材料()
作り方
皮付き里芋・約250g
ボイル海老・4尾
舞茸・1/3P
ボイル三ツ葉・少々
人参繊・少々
=調味料=
鰹だし・大さじ7
薄口醤油・大さじ1
みりん・大さじ1/2
酒・小さじ1
片栗粉・適量
サラダ油・適量
塩・少々
山葵・少々
1.皮付き里芋を洗い天地を落として串がスッと通る位約20分蒸し上げ冷まして置く。
2.鰹だし、薄口醤油、みりん、酒を鍋に入れ火に掛ける。
3.里芋の皮を剥いて、1/2をラップに包み手で押しつぶし平らにする。〔正味150g位〕
4.平らにした里芋に塩少々を振り、ボイル海老を芯にして茶巾に絞る。
5.里芋茶巾に片栗粉を付けて180℃のサラダ油で表面をカラッと揚げクッキングペーパーで余分な油を切る。
6.合せだしに舞茸と人参を入れて火を通し、片栗粉小さじ1を水2でとろみを付けボイル三ツ葉を入れる。
7.里芋まんじゅうを器に盛り付け熱々の彩りあんをたっぷり掛け天に山葵を乗せる。

11月4日(火)放送 会田勝弘先生


一覧に戻る