秋のかき揚げ天丼

材料
作り方
舞茸・約50g
しめじ・約50g
ナス・1/2本
ボイル銀杏・10コ
針生姜・少々
白すり胡麻・大さじ2
白御飯・適量
=調味料=
鰹ダシ・130cc
濃口醤油・50cc
みりん・50cc
砂糖・小さじ2
天婦羅粉・約80g
玉子・1/2コ
片栗粉・小さじ2
サラダ油・適量
うま味調味料・少々
1.鍋に鰹ダシ、濃口醤油、みりん、砂糖、白すり胡麻、うま味調味料少々で天汁を作り、弱火に掛けて置く。
2.舞茸、しめじはバラし、ナスは拍子木切り、銀杏は3/3にカット、針生姜は水分を拭き取りボールにいれ、天婦羅粉少々を振り掛けてかるく混ぜ合わせる。
3.冷水約150ccに玉子1/2を溶く。
4.天婦羅粉約80gに玉子水を少しづつ入れゆるめの天粉を作る。
5.2.の薄く粉を振った食材にゆるめの天粉を少しづつ入れザッくり混ぜ合わせお玉に取り160〜170℃の油でカラッと揚げる。
7.天汁に片栗粉小さじ2を水小さじ4で溶きとろみを付ける。
8.御飯の上にとろみを付けた天汁少々を掛け、カラッと揚げたかき揚げを乗せ
さらにその上から天汁少々を掛ける。

10月7日(火)放送 会田勝弘先生


一覧に戻る