秋サケの味噌ホイル焼き

材料
作り方
秋サケ・70〜80g〔2切れ〕
キャベツ葉・2枚
玉ねぎ・1/4コ
もやし・50g
しめじ・50g
長ねぎ・1/2本
刻み小ねぎ・少々
アルミ箔・適量
=調味料=
味噌・120g
砂糖・25g
酒・大さじ2
みりん・大さじ1
マヨネーズ・大さじ1
白ごま・大さじ1
うま味調味料・少々
小麦粉・適量
サラダ油・適量
1.秋サケは薄塩をして冷蔵庫で約1時間寝かせて、生臭みを取る。
2.味噌、砂糖、酒、みりん、マヨネーズ、うま味調味料は、白ごまはボールに混ぜ合わせる。
3.キャベツは一口大、玉ねぎは縦に5mm位、もやしは水洗い、しめじをばらす長ねぎは斜めに刻んで置く。
4.塗れふきんで秋サケの水分を拭き取り小麦粉を付け、フライパンにサラダ油少々で皮目から焼いて多少焦げ目が付いたら裏返しにして焼き皿に取る。
5.フライパンをきれいにしてサラダ油少々、玉ねぎ、しめじ、もやし、キャベツ長ねぎの順に少し固めに炒め、合せ味噌で薄めに味付けをして味噌の少し焦げた香りも付ける。
6.アルミ箔を25cm位切り真中に炒めた野菜を盛り付け、その上に焼いた秋サケを乗せ合せ味噌をかけ、上を折り曲げて包み両サイドを結ぶ。
7.オーブントースターで7〜8分位、中が温まるくらい焼く。
8.アルミ箔のふたを開け、小ねぎを散す。お好みで一味唐辛子を振る。

10月29日(火)放送 会田勝弘先生


一覧に戻る