里芋の煮っころがし

材料
作り方
洗い里芋・300g
刻み小ねぎ・少々
刻み柚子・少々
鰹節・小袋1
片栗粉・少々
=調味料=
鰹だし・260cc
3倍濃縮麺つゆ・50cc
酒・大さじ1
みりん・大さじ1と1/2
うま味調味料・少々
サラダ油・適量
1.鰹だし260cc、3倍濃縮麺つゆ50cc、酒大さじ1、みりん大さじ1うま味調味料をボールに合せる。
2.里芋は流水で洗い、天地、汚れている所をむく。
3.里芋を鍋に入れ多目の水でゆで、串がスッと通ったら流水いさらす。
4.里芋の水を切り調味料と共に鍋に入れて火に掛け、沸騰してきたらアクを取り弱火にして鰹節をクッキングペーパーで包み上に乗せて落しぶたをし10〜15分位煮含めて一度冷ます。
5.4.の里芋の鍋を温め、ボールにザルを乗せ崩さない様に里芋を空けて煮汁を切る。
6.里芋の温かい内に片栗粉を付け、180℃のサラダ油で表面だけカラッと揚げる。
7.5.の煮汁を鍋に適量入れみりん大さじ1/2を加えて味を見て、揚げたての里芋を入れ中火で鍋を動かしながらゆっくりとコロコロ転がす。
8.里芋にとろみが付いて来たら器に盛り付け、刻み柚子を散らし天に小ねぎを盛り付ける。

9月10日(火)放送 会田勝弘先生


一覧に戻る