鯛の桜蒸し

材料(4人分)
作り方
桜の葉 (塩漬け)・4枚
桜の花塩漬け・個
鯛刺身・8切れ
道明寺粉・大さじ5(60g)
だし汁・120cc(道明寺分)と200cc(あんの分)
菜の花・4本
タケノコ穂先・40g
酒・小さじ2
片栗粉・大さじ1
みりん、薄口しょうゆ・各小さじ2
塩・少々
1.鍋でだし汁120ccを煮立て火を止める。道明寺粉を入れて、10分程度フタをして蒸らす。
2.鯛の刺身に塩、酒を振りかける。桜の葉は水に通し、塩抜きする。
3.1を4等分してにぎり、鯛の刺身を乗せて桜の葉で包み10分間蒸す。お椀に1個ずつ入れる。
4.だし汁200cc、みりん、薄口しょうゆで吸い地をつくり、水溶き片栗粉でとろみをつける。3に静かに注ぐ。塩ゆで菜の花と穂先を形よく切って薄味に煮たタケノコを添える。

4月17日(火)放送 樋口順子先生


一覧に戻る