蓮の実ごはん、金華ハムと干し筍のスープ、豆花(トゥファ)

材料
作り方
=蓮の実ごはん=
蓮の実・80g
みりん・大さじ2
砂糖・大さじ1
米・3合
もち米・1合
鶏肉、マイタケ・各100g
みりん、酒・各大さじ1・
塩・小さじ1と1/2
薄口しょうゆ・大さじ1
黒煎りゴマ・少々
=金華ハムと干し筍のスープ(8人分)=
金華ハム・70g
干し筍・2個
絹ごし豆腐・1丁
しいたけ・3枚
長ねぎ・1/3本
鶏がら・2羽分
紹興酒・大さじ3
しょうがの皮、塩、しょうゆ、コショウ、片栗粉・各適量
=豆花(トゥファ)(6人分)=
豆乳・600cc
粉寒天・小さじ1(2〜3g)
三温糖・100g
レモン汁・1/2個分
イチゴ・適量
キリシュワッサー・大さじ3
=蓮の実ごはん=
1.蓮の実は、米のとぎ汁に30分位浸ける。水から30分を目安にゆでて、水にさらす。砂糖、みりんで味をつける。
2.米を洗う。もち米は水に浸ける。うるち米の方は洗ってザルにあけ水気を切っておく。
3.米を炊飯器に移し、薄口しょうゆ、酒、みりんを入れ、水を加えて、鶏肉、マイタケを上にのせて、スイッチを入れる。スイッチが切れたらご飯と具を混ぜ、1の蓮の実、黒煎りゴマをふって出来上がり。(干肉も添える)
=金華ハムと干し筍のスープ=
1.干し筍は水で一晩戻し、薄く切る。
2.鍋に水と鶏ガラ、ネギの青いところ、しょうがの皮、紹興酒を入れて、沸騰させてからアクを取り、弱火で1時間煮てスープを作る。
3.しいたけは薄切り、長ネギは小口切り、豆腐は細く切る。
4.2の漉したスープに金華ハム、筍、豆腐、しいたけを入れて煮る。塩味が出てきたところで豆腐、ネギを入れる。
5.塩、コショウ、しょうゆで味を調え、沸騰してきたら、同量の水で溶いた片栗粉を入れてとろみをつける。
=豆花(トゥファ)=
1.豆乳を沸騰寸前まで鍋で温めて、粉寒天を入れて泡だて器でかき混ぜながら1分煮溶かす。
2.漉しながら器に入れて冷やし固める。
3.シロップを作る。水400ccに三温糖を入れて煮溶かして冷ます。キリシュワッサーと刻んだイチゴを加える。
4.器に豆花をすくい入れ、3をかける。

3月25日(日)放送 樋口順子先生


一覧に戻る