サケのふりかけ三色丼

材料(4人分)
作り方
ご飯・適量
<サケのふりかけ>
甘塩サケ・2切れ
酒・大さじ1
大根菜、黒ごま・各適量
<いり卵>
卵・3個
砂糖・大さじ2
塩・小さじ1/3
<鶏そぼろ>
鶏ひき肉・200グラム
砂糖、しょうゆ・各大さじ3
酒・大さじ2
しょうが絞り汁・少々
1.サケのふりかけを作る。サケは身に付いた骨を取って、細かく切る。フライパンに入れて、酒をふり、中火で時間をかけてゆっくり炒る。水分が少し抜けたら、ゆでて細かく切った大根菜を水気を切って入れ、弱火でゆっくり炒る。ぽろぽろになってきたら、黒ごまを入れてできあがり。
2.いり卵を作る。小さい片手鍋に卵、砂糖、塩を入れ、弱火にかける。菜ばしを3〜4本合わせて持ち、ぐるぐるとかき混ぜる。時々鍋を火からおろして、ぬれぶきんの上でかき混ぜる。全体的に卵が固まってきたらできあがり。
★完全に火が通ってしまうと、ボロボロした感じのいり卵になってしまう。もう少しかな?と思う所でやめておく。
3.鶏そぼろを作る。鶏ひき肉を鍋に入れて火にかけ、酒、しょうが絞り汁を振って炒める。火が通ったら砂糖、しょうゆを入れて、水分がほとんど無くなるまで煮る。
★はしでよく混ぜると細かいそぼろになり、鍋をゆするように混ぜると、ふんわりと粒の大きいそぼろになる。
4.器にご飯を平らに盛り付け、1、2、3をのせる。

10月28日(火)放送 樋口順子先生


一覧に戻る